横浜市の社労士法人:就業規則作成、労務管理・人事労務相談、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

同一労働同一賃金(3)不合理な待遇差の禁止、差別的取扱の禁止

 

■「不合理な待遇差の禁止」「差別的取扱の禁止」とは?

「同一労働同一賃金」といっても、具体的にどんなことなの?とイメージしにくいですよね。

 

「同一労働同一賃金」とは、会社の中で仕事、業務の内容が同じであれば、

賃金も同じにしなさい」、という考え方です。

 

「同じ」と一言でいっても

仕事内容が同じなら待遇も同じにする、という「平等」的考えを「均等待遇」といい、

待遇に差異があるが合理的な差異です、という「公平」的考えを「均衡待遇」といいます。

 

 

均等待遇規定

 (差別的取扱い

の禁止)

下記2点が同じ場合、差別的取扱いを禁止します。

①職務内容(業務の内容+責任の程度)

②職務内容・配置の変更の範囲

均衡待遇規定

 (不合理な待遇差

の禁止)

下記3点の違いを考慮した上で、不合理な待遇差を禁止します。

①職務内容

②職務内容・配置の変更の範囲

③その他の事情

 

 

 

■どんなことが、不合理な待遇差、差別的取り扱いとなる?

「差別的待遇の禁止」とは、同じくらいの能力を持った人が、同じ業務をしているのであれば、

その人が、正社員か、契約社員か、パートさんか、によって

賃金などの待遇に差をつけてはいけないということです。

 

「不合理な待遇の禁止」とは、同じ仕事をしているAさんとBさんの待遇に

差があるのであれば、その差はその能力や働く時間分だけでなければならない

正社員、パートなど、雇用の形態によってついた差であってはならない、

ということです。

 

同じ業務をしていても賞与は正社員にしか支給されない、

正社員は皆勤手当てがつくが、契約社員にはつかない、

というケースなど今までは慣例的に行われきましたが、

今後は「差別的待遇」「不合理な待遇」と判断されるケースも出てきます。

 

 

働き方改革、同一労働同一賃金等にともなう法改正対応をお考えの方は、ぜひあおい社会保険労務士法人へお問合せください。

 

 

 

=全16回=

      【2019年10月  1日】同一労働同一賃金(1)「働き方改革」と「同一労働同一賃金」

  【2019年10月  4日】同一労働同一賃金(2)対象となる労働者とは ~パート有期労働法~

      【2019年10月  8日】同一労働同一賃金(3)不合理な待遇差の禁止、差別的取扱の禁止

      【2019年10月11日】同一労働同一賃金(4)どうすれば適法になるのか?〈a〉ガイドライン概要

      【2019年10月15日】同一労働同一賃金(5)どうすれば適法になるのか?〈b〉基本給・賞与

      【2019年10月18日】同一労働同一賃金(6)どうすれば適法になるのか?〈c〉役職手当・精勤手当

      【2019年10月22日】同一労働同一賃金(7)どうすれば適法になるのか?〈d〉通勤手当・時間外手当

      【2019年10月25日】同一労働同一賃金(8)どうすれば適法になるのか?〈e〉住宅手当など

      【2019年10月29日】同一労働同一賃金(9)チェックの手順

 

      【2019年11月  1日】同一労働同一賃金(10)対象となる労働者とは ~労働者派遣法~

      【2019年11月  5日】同一労働同一賃金(11)どうすれば適法になるのか?〈a〉派遣先均等・均衡方式

      【2019年11月  8日】同一労働同一賃金(12)どうすれば適法になるのか?〈b〉労使協定方式

      【2019年11月12日】同一労働同一賃金(13)派遣料金額の配慮義務

 

      【2019年11月15日】同一労働同一賃金(14)『雇入れ時』の説明義務、説明方法

      【2019年11月19日】同一労働同一賃金(15)『説明を求められたとき』の説明義務等

      【2019年11月22日】同一労働同一賃金(16)行政ADR

▲ページTOP