横浜市の社労士法人:就業規則作成、労務管理・人事労務相談、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

休業時の給付が拡充!改正子ども・子育て支援法等成立

2024年6月5日、改正子ども・子育て支援法等が成立しました。

 

「少子化対策の強化」を謳い、メディアでも多く取り上げられている改正ですが、様々な法律が関わっています。

個人に直接関わるものと、企業にも関わるものがあり、わかりづらいところがあります。

 

今回のブログでは、企業に関わる改正部分を中心に、概要を確認していきます。

 

 

改正概要

(1)育児休業給付の給付率引上げ(施行期日:2025年4月1日)

 子の出生直後の一定期間以内に、被保険者とその配偶者の両方が14日以上の育児休業を取得する場合に、最大28日間、従来の育児休業給付に上乗せ給付(出生後休業支援給付)をし、給付率80%(手取りで10割相当)へと引き上げる。

 

(2)育児時短就業給付の創設(施行期日:2025年4月1日)

 被保険者が2歳未満の子を養育するために、時短勤務をしている場合の新たな給付として、育児時短就業給付を創設。

 給付率は、時短勤務中に支払われた賃金額の10%。

 

(3)子ども・子育て支援金の徴収(施行期日:2026年4月1日)

 各種支援制度の財源として「子ども・子育て支援金」を創設し、公的医療保険料に上乗せ徴収する。

 

 

参考:

厚生労働省「子ども・子育て支援法等の一部を改正する法律」の改正内容(雇用保険制度の改正内容中心のもの)

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/001263453.pdf

 

 

 

今後、詳細情報が順次公開されていくと思いますが、まずは労務管理に関わる部分の概要を押さえておきましょう。

 

あおい社会保険労務士法人では、引き続き法改正情報を発信していきます。

ぜひブログをチェックしてくださいね!

 

 

 

過去のブログ

  【2024年6月7日】両立支援強化! 育児・介護休業法が変わります

  【2024年5月24日】雇用保険 適用拡大へ

  【2024年5月14日】出世したくない?社会人2年目の気持ち

  【2024年5月10日】建設業における2024年問題の今

  【2024年2月14日】令和6年度の労災保険率が変わります

 

 

 

 

▲ページTOP