横浜市の社労士法人:就業規則作成、労務管理・人事労務相談、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

就業規則 絶対的必要記載事項(定めるべきこと)

就業規則では、どんなことを定めればよいのでしょう。

 

就業規則に記載する内容には、必ず記載しなければならない事項(絶対的必要記載事項)と、当該事業場で定めをする場合に記載しなければならない事項(相対的必要記載事項)があります。

 

◎ 絶対的必要記載事項

1、始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに交替制の場合には就業時転換に関する事項
2、賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
3、退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

 

◎ 相対的必要記載事項
1、退職手当に関する事項
2、臨時の賃金(賞与)、最低賃金額に関する事項
3、食費、作業用品などの負担に関する事項
4、安全衛生に関する事項
5、職業訓練に関する事項
6、災害補償、業務外の傷病扶助に関する事項
7、表彰、制裁に関する事項
8、その他全労働者に適用される事項

 

上記は、労働基準法で決まっている内容ですが、会社のルールブックとして活用するためには、服務規律に会社の考えを反映する、社内制度があればきちんと明記する等が重要です。

就業規則を会社の実情に合わせて作成することで、社員の安心や、リスク回避につながります。

 

あおい社会保険労務士法人では、事前のヒアリングをしっかり行うことで、会社の実情に合わせた就業規則をご提案します。

就業規則作成をご検討の場合は、当事務所にご相談ください。

 

 
過去のブログ

   【2018年9月7日】就業規則作成のメリット

   【2018年9月4日】就業規則が必要な会社

   【2018年9月3日】就業規則とは

   【2018年8月27日】労働時間管理についてのチェックが強まっています

   【2018年8月20日】36協定新様式案

 

 

 

▲ページTOP