横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

最低賃金 過去最大の上げ幅

最低賃金の引上げに係るニュースが気にかかる時期になってきました。

厚生労働省は、中央最低賃金審議会で取りまとめられた、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について公表しました。

 

今回の上げ幅は過去最大で、2016年度の最低賃金の目安を全国平均で時給24円引き上げる、とされています。

都道府県の経済実態に応じ、全都道府県をABCDの4ランクに分けて引上げ額の目安を提示しており、次の通りとなっています。

 

Aランク:25円

 千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

Bランク:24円

 茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

Cランク:22円

 北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡

Dランク:16円

 青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 

目安どおりに引き上げが実現すれば、すべての都道府県で初めて最低賃金が700円を超えることとなります。

神奈川県の現在の最低賃金は905円ですので、25円引き上げられれば、最低賃金は930円になります。

 

改定最低賃金が適用されるのは今年の10月1日以降です。

現状、人手不足感もありアルバイト・パートの時給は上昇が続いていましたが、最低賃金の引き上げを踏まえて、今秋に向けてさらに上昇するかもしれません。

人件費の増加は避けられない状態となっていますが、同業種の動向等を探りながら賃金の設定を考えることはもちろん、生産性の向上も目指していきたいところです。

 

 

過去のブログ

   【2016年7月21日】働き方改革

   【2016年7月20日】ニッポン一億総活躍プラン

   【2016年7月19日】育児・介護休業法が改正されます【2】

   【2016年7月13日】育児・介護休業法が改正されます

   【2016年5月27日】介護離職

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

http://www.roumu-shi.com

▲ページTOP