横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

介護離職

「介護離職」

近年よく取り上げられているこの言葉ですが、大きな問題と言われているのはなぜなのでしょう。

 

介護が必要になる年齢は人によって異なりますが、75歳を過ぎると介護や支援が必要となる人の割合が増えてきます。介護が必要になり始める親がいるのは40代、50代の働き盛り世代が多くなっています。

大家族で暮らし、介護を分担してくれる人がいればまだいいですが、自分ひとりで対応しなければ、と抱え込むような状況だと、介護と仕事の両立というのは、肉体的にも精神的にもつらいものとなります。このような状況で離職をしてしまうと、介護をしている間は就職もままならず、金銭的な不安がつきまとい、いざ再就職となった場合、年齢的な理由やブランクを乗り越えられない等により難しい、という現状があります。これが介護離職の大きな問題であり、一億総活躍社会実現の妨げになっています。

会社にとっても、経験を重ねた従業員が介護のため離職してしまったり、介護を抱え精神的に落ち込んでしまったり、といった状況は大きな損失になるのではないでしょうか。

 

国は会社に介護休業制度を設けることを求めています。

簡単に言うと、要介護状態にある家族を介護する従業員が希望する場合に、93日間の介護休業を与える、というものです。

この93日という期間、なぜこんな短い期間なのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもこの介護休業制度というのは、介護と仕事の両立できる社会の実現を目指して定められているものです。つまり、この93日という期間は、従業員が介護をするための期間ではなく、要介護認定の申請をする、ケアマネージャーにケアプランを作成してもらう等、介護と仕事を両立するための準備をする期間なのです。

 

今後、団塊世代が70歳代に突入することに伴い、介護問題を抱える従業員は増加していくと考えられます。

介護は誰もが直面する可能性のある問題です。

介護が必要になるタイミングは突然やってきます。しかも、いつまで続くのか先が見えません。

介護休業法を理解し、制度作りを進めるのはもちろんですが、介護が必要になった場合に利用できるサービスについて研修を行う等、介護離職を防ぐにはどうしたらよいか考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

過去のブログ

   【2016年5月18日】えるぼし企業 46社

   【2016年5月11日】配偶者手当の在り方に関する検討

   【2016年4月7日】「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立

   【2016年3月31日】高年齢者雇用安定助成金

   【2016年2月26日】同一労働同一賃金

 

あおい社会保険労務士法人

社会保険労務士 板垣ゆりか

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

https://www.roumu-shi.com

▲ページTOP