横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

「雇用保険法等の一部を改正する法律案要綱」の諮問及び答申

厚生労働省の労働政策審議会は、平成29年1月5日に諮問された「雇用保険法等の一部を改正する法律案要綱」について、おおむね妥当と認め、塩崎恭久厚生労働大臣に答申しました。

 

この内容を確認すると、

・失業中の給付に関する改正

・ハローワークでの求人受付の厳格化

・雇用保険料率の引き下げ

等々ありますが、大きな改正として「育児休業の延長を最長2歳までとする」というものが挙げられます。また、これに伴い、育児休業給付金の支給も最長2歳まで受けられることとなります。

 

育児休業そのものを2歳まで取得可としなければならない、ということではなく、1歳6か月まで育児休業を延長してもなお保育園等に入れない場合等を想定しているようです。

 

厚生労働省は法律案を作成し、次期通常国会に提出する予定です。

こちらが通れば、今年の10月1日が施行日となります。

 

 

過去のブログ

   【2017年1月10日】企業の人材不足

   【2016年12月22日】雇用保険の適用拡大

   【2016年11月9日】育児・介護休業規程の改正はお済みですか?【2】

   【2016年11月7日】育児・介護休業規程の改正はお済みですか?

   【2016年10月7日】改正育児・介護休業法のQ&A

あおい社会保険労務士法人

社会保険労務士 板垣ゆりか

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

http://www.roumu-shi.com

▲ページTOP