横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

仕事のやりがい・成果の影には「感謝の言葉」の有無が影響

先月、一般社団法人日本能率協会より「仕事と感謝」についての意識調査結果が公表されました。

 

この調査は、働く人びとに焦点を当て、2013年より全国のビジネスパーソン1000人に対し、職場や仕事に対する考えについて意識調査を行い、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。

 

・仕事のやりがい・成果の影には「感謝の言葉」の有無が影響

・あらためて”感謝”の重要さが明らかに

・感謝の対象は、1位「同僚・先輩・後輩」、2位「家族」、3位「上司」と、身近なところに
・「誰からも感謝されていない」と思う人は全体の4割で、40代では半数近くに達する
・仕事のやりがいを感じている人、職場がビジネスで十分な成果を上げていると思う人は、
  感謝の気持ちを伝えることに積極的
・言われて最も嬉しい言葉は、男女とも「ありがとう」がダブルスコアで1位

 

———————————————————-

成果を出すために、忙しい日々を送っている方も多いでしょう。

でもその忙しさに埋もれてしまいがちな毎日だからこそ、と気が付いたときに「ありがとう」の気持ちを伝えることが、実は成果につながっているようです。

 

 

過去のブログ

   【2016年3月1日】パートタイム労働者雇用管理改善セミナー

   【2015年11月9日】平成26 年「就業形態の多様化に関する総合実態調査」

   【2015年1月22日】ワーク・ライフ・バランス

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

https://www.roumu-shi.com

▲ページTOP