横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

えるぼし企業 46社

平成28年4月1日に全面施行された女性活躍推進法では、一般事業主行動計画の策定及び策定した旨の届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業について、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができる制度が創設されています。

 

認定は、基準を満たす項目数に応じて3段階あり、認定を受けた企業は、認定マーク(愛称「えるぼし」)を商品や広告、名刺、求人票などに使用することができ、女性の活躍を推進している事業主であることをアピールすることができ、また、「公共調達における加点評価」と「日本政策金融公庫による低利融資」の対象になります。

4月末日までに「えるぼし」企業として認定された企業は全国46社になりました。しかし、この46社の中に、神奈川県内の企業は1社もありません。

 

また、一般事業主行動計画の策定及び策定した旨の届出が義務づけられている301人以上の大企業における届出率は4月末日現在85.0%です。前回の4月1日時点での届出率が71.5%だったのを考えると、この1ヵ月で多くの企業が届出を行ったことがわかります。神奈川県での届出率を見ると、前回58.7%から今回は78.4%と大幅に伸びていますが、全国平均には届いていません。

 

新聞等を見ていると、就活生向けに「企業が公表している、女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を確認すること」を見るポイントとともにお知らせしているものを目にします。実態に即した、実現可能な目標を掲げ、それを実現させるべく体制作りを進めていくことが求められていると感じます。

 

一般事業主行動計画をまだ届け出ていない企業は早々に届出することはもちろんとして、できれば「えるぼし」認定も目指していきたいものです。

 

 

えるぼし認定企業一覧はこちら。

 

 

過去のブログ

   【2016年4月11日】女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の提出はお済みですか

   【2016年3月7日】若者雇用促進法

   【2016年3月4日】女性活躍推進法認定マークの愛称が「えるぼし」に

   【2016年3月3日】女性活躍推進法セミナー(考えるヒント)

   【2016年2月15日】女性活躍への取り組み

あおい社会保険労務士法人

社会保険労務士 板垣ゆりか

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

https://www.roumu-shi.com

▲ページTOP