横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

年度更新

労働保険の保険料は、年度当初に見込み(概算)で申告・納付し、翌年度の当初に支払った給与等から実際の保険料を計算・申告(確定申告)の上精算することになっており、事業主は、前年度の確定保険料と当年度の概算保険料を併せて申告・納付することとなっています。
これを「年度更新」といい、原則として例年6月1日から7月10日までの間にこの手続を行うこととされています。

また、石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金も、年度更新の際に労働保険料と併せて申告・納付することとなっております。

 

多くの企業で前年度分の労働保険計算対象分が確定する頃かと思います。年度更新の期限は算定期限と重なっていることもあり、期限間近にバタバタしないためにも、早めに手続きしておきたいものですね。

 

 

過去のブログ

   【2016年4月11日】女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の提出はお済みですか

   【2016年4月1日】平成28年度 雇用保険料率

   【2016年3月15日】雇用継続給付申請での個人番号の取扱い

   【2016年3月4日】女性活躍推進法認定マークの愛称が「えるぼし」に

   【2016年2月22日】平成28年3月分からの保険料額表

あおい社会保険労務士法人

社会保険労務士 板垣ゆりか

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

http://www.roumu-shi.com

▲ページTOP