横浜市の社労士法人:就業規則作成、労務管理・人事労務相談、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

派遣業の同一労働同一賃金コンサルティング(中小企業向け)

2018年に同一労働同一賃金関連法案(働き方改革関連法案)が可決・成立し、いよいよ2020年4月より、労働者派遣法(労働契約法、パート・有期労働法も合わせて改正)が施行されます。

 

働き方改革関連法のうち、パートタイム・有期雇用労働法改正は、大企業が2020年4月、中小企業は2021年4月に施行ですが、労働者派遣法改正に関してはすべての企業で2020年4月から施行となります

 

労働者派遣法改正の可決・成立から時間があまりないことと、賃金制度等の経営に与える影響の大きい改正であること、さらに法改正の内容が難解であることから、2019年の年末までに準備を進められなかった会社も多くあるようです。

 

あおい社会保険労務士法人では、中小企業の派遣会社(派遣業許可事業者)の方々が、なんとか2020年4月の労働者派遣法の改正施行までに間に合っていただけるように、同一労働同一賃金対応のご相談、アドバイス、コンサルティングを行っています。

 

もうあと残された時間はわずかですが、頑張って私たちと一緒に対応していきましょう!

 

 

 

あおい社会保険労務士法人が提供できるサービス

私たちは企業の経営者、人事部門の担当の方と一緒に、中小企業である派遣会社(派遣業許可事業者)向け同一労働同一賃金関連法に対応するための労働条件の策定賃金制度設計を行っています。

 

同一労働同一賃金指針(ガイドライン)、労働者派遣事業関係業務取扱要領(2020年4月1日施行版)、局長通達、労使協定方式に関するQ&Aおよび派遣先均等・均衡方式に関するQ&Aに沿って、労働者派遣業の許可をお持ちの派遣元事業主の方への対応を行っています。

 

合わせて、派遣先事業主に求められる事項もありますので、派遣労働者を受け入れている会社の責任者の方からのご相談にも対応しています。

 

 

◆労使協定方式か派遣先均等・均衡方式かの検討
◆労使協定内容の検討
◆統計の確認及び賃金テーブルの作成
◆賃金以外の待遇検討
◆就業規則変更

 

 

このような会社におススメです

◆同一労働同一賃金が難しすぎて何をやったらよいのかわからない
◆年度末となり、自社だけでは手に負えない
◆賃金テーブルがない会社なので作り方がわからない

 

社会保険労務士が対応します

あおい社会保険労務士法人は、社会保険労務士が複数在籍する社会保険労務士事務所です。労務管理を専門としており、中小企業の賃金制度にも精通しています。代表の平山久美子は、派遣元責任者講習の講師を5年務め、わかりやすいと好評をいただいています。

 

 

ご相談の費用

個別にご案内いたしますので、まずはお問い合わせください。(役割分担に応じて決めております。)

 

スポットで考え方の整理だけでもご相談いただけます。

その場合の費用は次の通りです。

 

30,000円/1.5時間(税別)

 

ご相談では、同一労働同一賃金に必要な事項を明確にし、必要であればその後も一緒に実施をしていきます(別途費用が発生します)。

 

 

ご依頼方法

まずは、お電話またはお問合せフォームよりご連絡ください。

面談の日程を調整させていただきます。

お気軽にご連絡ください。

 

事務所の所在地は、神奈川労働局需給調整事業課の入っているビルより徒歩2分、横浜市のオフィス街、馬車道・桜木町・関内駅からすぐの場所です。

 

ご相談事例

大企業に従業員を派遣しています。今回の法改正に関して、何をしなければならないのかというところから教えていただきたいことと、就業規則、社内様式の作成と、労働局への提出が必要となる書類の作成をお願いします。

 

 

相談会も実施中です(予約制)

自社で対応できるか、専門家に依頼したほうが良いのか、迷われている方向けに、相談会も実施しています。是非ご利用ください。

 

相談会の日程など詳しくは、次のページをご覧ください。

 

「派遣業の同一労働同一賃金 相談会のご案内(中小企業向け)」のページへ

 

 

 

同一労働同一賃金の基礎知識(全16回)

 

      同一労働同一賃金(1)「働き方改革」と「同一労働同一賃金」

  同一労働同一賃金(2)対象となる労働者とは ~パート有期労働法~

      同一労働同一賃金(3)不合理な待遇差の禁止、差別的取扱の禁止

      同一労働同一賃金(4)どうすれば適法になるのか?〈a〉ガイドライン概要

      同一労働同一賃金(5)どうすれば適法になるのか?〈b〉基本給・賞与

      同一労働同一賃金(6)どうすれば適法になるのか?〈c〉役職手当・精勤手当

  同一労働同一賃金(7)どうすれば適法になるのか?〈d〉通勤手当・時間外手当

      同一労働同一賃金(8)どうすれば適法になるのか?〈e〉福利厚生など

      同一労働同一賃金(9)チェックの手順

      同一労働同一賃金(10)対象となる労働者とは ~労働者派遣法~

      同一労働同一賃金(11)どうすれば適法になるのか?〈a〉派遣先均等・均衡方式

      同一労働同一賃金(12)どうすれば適法になるのか?〈b〉労使協定方式

      同一労働同一賃金(13)派遣「先」事業主が講ずべき措置

      同一労働同一賃金(14)『雇入れ時』の説明義務、説明方法

      同一労働同一賃金(15)『説明を求められたとき』の説明義務等

      同一労働同一賃金(16)行政ADR

 

 

045-264-8515
お気軽にお電話ください。
メールでのお問い合わせはこちら。

 

▲ページTOP