横浜市の社労士法人:就業規則作成、労務管理・人事労務相談、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

36協定の締結と届出をお考えの企業の皆様へ(労働条件自主点検表)

36協定のことでお悩みならお任せください

 

 

36協定は、会社が従業員に残業をさせる場合に必要となる労使協定です。

 

しかし、中小企業においては、36協定のことを知らない会社も多く、締結や届け出がされないまま残業をさせているケースもあります。

 

36協定の届出がないことは、長時間労働につながることもあることから、国の働き方改革の一環で、36協定の未届事業所に対して、監督指導が行われるようです。

 

36協定が届けられていないからといっても、それだけで突然、労働基準監督署の監督官が会社に踏み込んでくることはありません。

 

今年度の予定としては、「労働条件自主点検表」が会社に送られるようですので、そこで自社の状況をチェックしてみましょう。

「労働条件自主点検表」の書き方で、お困りの時はいつでもご相談ください。

 

 

 

このようなお悩みはありませんか?

「36協定」とは何かよくわからない

うちの会社は「36協定」が必要なのかどうかわからない

「36協定」を届け出ると労働基準監督署に目を付けられるのではないか

「36協定」について従業員に話をするのが怖い

以前「36協定」を届け出ているが再度出す必要があるのか

 

ひとつでも当てはまるようでしたら、ぜひ私たちにご相談ください。

 

法令等は難しかったりややこしかったりするものもありますが、弊社は、気軽に話がしやすく、理解のレベルに合わせて説明してもらえることに好評をいただいています。

 

 

私たちにできること

私たちは、労働基準監督署ではありませんので、法違反を取り締まることはありません。
 御社の課題を一緒に考え、解決の方法をご提案いたします。

 

 

 

 

36協定についてのお悩みやご不安は、何でもお気軽にご相談ください。ご連絡お待ちしております。

 

045-264-8515
お気軽にお電話ください。
メールでのお問い合わせはこちら。

 

 

 

▲ページTOP