横浜市の社労士法人:就業規則作成、労務管理・人事労務相談、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

36協定(8)時間外労働をさせる必要のある具体的事由、業務の種類

36協定の締結にあたっては、容易に臨時の業務などを予想して対象業務を拡大したりすることのないよう、「時間外労働をさせる必要のある具体的事由」を記入したり、「業務の区分」を細かくすることによって、時間外労働をさせる『業務の範囲』を明確にしなければなりません。

 

例えば、時間外労働をさえる必要のある具体的事由については、「繁忙のため」などではなく、納期切迫のため、決算業務、臨時の受注など、具体的に書きます。

業務の種類については、経理事務、プレス作業、機械組み立て、企画などの区分を明確にします。

 

 

過去のブログ 

   【2018年5月25日】 36協定(7)必要な協定事項

   【2018年5月23日  36協定(6)36協定を再確認

   【2017年10月23日】36協定(5)【事業場ごとに締結】

   【2017年8月26日】36協定(4)【誰と誰が締結するの?】

   【2017年8月26日】36協定(3)【36協定ってなに?】

   【2017年7月25日】36協定(2)【残業って違法なの?】

   【2017年7月24日】36協定(1)

 

 

▲ページTOP