横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

36 協定②【残業って違法なの?】

前回、【労働時間】 原則:法定労働時間は1週間40時間、1日8時間、と書きました。

 

え?じゃあ法定労働時間を超えたら違法になってしまうの?と思った方もいるでしょう。

そこで今回のテーマこれ。

 

【残業って違法なの?】

 

そう、単純に何も手続きをせずに法定労働時間を超えた場合、違法状態に該当する可能性があります。

 

でも現実として、業務の繁閑や突然のトラブル等はあって当然ですよね。

この違法になり得る状態を適法にするのが、労働基準法36条に規定されている労使協定、

『36協定』(サブロクキョウテイ)

と呼ばれているものです。

 

次回、【36協定って、具体的に何?】です。

 

 

 

過去のブログ

   【2017年7月24日】36協定①

   【2017年1月30日】労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン

   【2017年1月20日】労働生産性が低くなる理由

   【2017年1月17日】長時間労働解消の第一歩

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

https://www.roumu-shi.com

 

▲ページTOP