横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

ホワイトカラー・エグゼンプションとは

政府は「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を目指していますが、
そもそもホワイトカラー・エグゼンプションとは何なのでしょうか。

 

「ホワイトカラー」は「白い襟」という意味で、
Yシャツを着て仕事をするような人、つまり事務職の労働者を指します。
また、「エグゼンプション」とは「免除する」という意味です。
今回の場合、免除の対象は「労働時間規制」ですので、
要するに、「ホワイトカラー・エグゼンプション」とは
「事務職を労働時間規制の適用除外とすること」を意味する言葉です。

 

現在、労働者は労働基準法によって守られており、
これには労働時間について、「1日8時間、週40時間以内」と規定されています。
また、残業や休日労働などの可能性があれば、
「時間外・休日労働協定」いわゆる「36協定」を締結することによって、
36協定に定めた限度時間までは残業等できる、ということになっています。

 

こういった労働時間の制約を取り払い、
労働時間の長さではなく、成果に応じて報酬を決める、という仕組みです。

 

使用者側からすると、同じ仕事を短時間でこなす人より、
ダラダラ残業してやる人の方が給与が多くなる、という現象に悩まされなくなり、
また労働者からすると、成果さえ出せば労働時間は問題ではなくなるので、
時間や場所に縛られずに働くことができる、といったメリットが考えられているようです。

 

一方、サービス残業の温床になる、といった懸念があるのは確かですし、
適用する労働者の範囲、職種も、まだまだ検討しなければならないところです。

政府は2016年の春にも実施したいと考えているようです。

今後の動向が気になります。

★平山社会保険労務士事務所の就業規則作成サービス★
改正高年齢者雇用安定法、改正労働契約法への対応実施中! >>就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

▲ページTOP