横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

「今後3年間」に雇用者を増やす見通しの企業割合

先月、内閣府より「企業行動に関するアンケート調査」が公表されました。

これは、企業が今後の景気や需要の動向をどのように見通しているかなどについて、企業活動の面から我が国経済の実態を明らかにすることを目的として、毎年1月に実施されています。

 

調査対象は東京、名古屋の証券取引所第一部及び第二部に上場する全企業( 2,445 社/平成26 年11 月1日現在)です。

 

これによると、「今後3年間」(平成27~29 年度)に雇用者を増やす見通しの企業割合は61.1%(前年度調査54.9%)となっています。

3年前より雇用者の増加傾向が続いていること、しかし労働者人口の減少傾向も続くことから、採用の厳しさは増していくことが考えられます。

 

 

過去の記事

【2015年1月21日】 「2015年の中小企業の経営施策」 調査結果 産業能率大学

【2014年11月19日】 平成26年年度 大学卒業予定者の就職内定状況調査

【2014年11月11日】新規学卒者の離職状況

【2014年11月10日】新規学卒者決定初任給調査(経団連)

【2014年10月10日】採用選考に関する指針の手引き

改正高年齢者雇用安定法、改正労働契約法への対応実施中!

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

http://www.roumu-shi.com

▲ページTOP