横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

妊娠・出産・育児休業等を契機とする不利益取り扱いに係るQ&A

厚生労働省は、平成26年10月23日には男女雇用機会均等法第9条第3項の適用に関して最高裁判所の判決があったことなどを踏まえ、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法の解釈通達を改正しました。

内容は、上記の最高裁判所の判決に沿って、妊娠・出産・育児休業等を「契機として」なされた不利益取扱いは、原則として法が禁止する妊娠・出産・育児休業等を「理由として」行った不利益取扱いと解されるということを明確化するものです。 

通達改正の概要はこちら。

 

この改正された解釈通達を踏まえ、Q&Aが出されました。

通達における「契機として」いるか否かは、原則として、妊娠・出産・育休等の事由の終了から1年以内に不利益取り扱いがなされた場合は「契機として」いると判断する、といったことが書かれています。

 

話題になった判決に係ることですので、一度内容を確認してみてはいかがでしょうか。

妊娠・出産・育児休業等を契機とする不利益取り扱いに係るQ%Aはこちら。

 

 

過去のブログ

  【2015年3月2日】女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案

  【2015年1月27日】「働く女性の処遇改善プラン」

  【2015年1月22日】ワーク・ライフ・バランス

  【2014年10月30日】マタニティーハラスメント

  【2014年6月27日】育児休業の取得率

改正高年齢者雇用安定法、改正労働契約法への対応実施中!

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

http://www.roumu-shi.com

▲ページTOP