横浜市の社労士法人:人事労務相談、人事制度設計、就業規則作成、その他社会保険手続きもお任せください。

TEL 045-264-8515

お問い合わせ

お気軽にご相談ください!<電話受付:平日9時〜17時>

メニュー

福利厚生費調査結果 日本経団連

先月16日、日本経済団体連合会より『2013 年度(第58 回)福利厚生費調査結果の概要』が公表されました。

主な内容は以下のとおりです。

——————————————–

1.2013 年度に企業が負担した福利厚生費(従業員1人1ヵ月当たり)は、106,265 円(前年度比1.9%増)となり、過去最高額となった。
2.福利厚生費のうち、「法定福利費」は、81,258 円(同2.9%増)となり、調査開始以来、はじめて8万円を超えた。また、「法定外福利費」は抑制傾向が続き、25,007 円(同1.1%減)となった。

——————————————–

 

「法定福利費」の増加は、現金給与総額の微増や厚生年金保険料率の引き上げの影響、さらには高齢者医療負担金の増加により保険料率を引き上げた健康保険組合が多かったと考えられるようです。

 

「法定外福利費」の抑制傾向が続いていますが、「介護」が22 円(前年度比10.0%増)、「育児関連」が348 円(同48.1%増)となっており、介護や育児といった家庭的事情を持つ従業員に対する支援がは拡充傾向にあるようです。

 

今後は社会保険の短時間労働者への適用拡大も予定されていることから、法定福利費の負担はさらに重くなることが予想されます。

 

過去のブログ

   【2014年12月24日】くるみん取得企業2000社達成

   【2014年10月28日】11月は「労働保険適用促進強化期間」です

   【2014年9月22日】パート労働者の厚生年金

   【2014年9月1日】厚生年金の社会保険料が変わります

改正高年齢者雇用安定法、改正労働契約法への対応実施中!

就業規則見直しをご検討の方はこちらへ

http://www.roumu-shi.com

▲ページTOP